結婚式で着るモーニング服はレンタル業者で借りよう

2人で記念品を選ぶ

指輪

デザインを自由に選択する

これまで付き合ってきた相手と結婚するには、まずプロポーズをすることになります。そのプロポーズでの際プライズと言えば婚約指輪を贈ることですが、男性が婚約指輪を購入するのは意外と敷居の高いものです。購入するのが恥ずかしいというよりも、どんなものを選べば良いかわからないという部分が大きく、せっかくプレゼントしてもがっかりされたらどうしようと不安になってしまうからです。近年では婚約指輪の購入は、後悔しないために2人で選んで決める傾向があるようです。一昔前まで婚約指輪は給料の3ヶ月分と言われていましたが、現在ではそのような決まりはなく、手の届く範囲で購入される人が多いようです。既製品なら安いうえに、その日のうちに持ち帰ることもできますが、彼女に似合うデザインを求めるためオーダーメイドで依頼する人も少なくありません。デザインが自由に選べるオーダーメイドは、男性が決めるには難しいため、サプライズはやめてプロポーズしてから2人で購入しに行くのが最近の流れとなっています。安い婚約指輪では見向きもされないと思われますが、実のところ値段で結婚するかどうかを決めることはありません。何より大切なのは彼女に似合う指輪を贈れるかどうかであり、購入される指輪の平均相場は20〜30万円程度、安いものもありますが、オーダーメイドで豪華に装飾を施すこともできます。宝石はダイヤモンドが定番ですが、中には彼女の誕生石を選択することもあるようです。安い宝石を選んで、リングをより良いものにするか、その逆を選ぶかは2人で相談して決めるのが良いようです。