インスリン デグルテク

糖尿病になると、食後の「インスリン」分泌だけでなく、1日を通した「インスリン」分泌機能も低下します。こうした「インスリン」の基礎分泌の低下は空腹時高血糖を引き起し、糖尿病の進行に影響を与えます。
そのような状況において使われるインスリン注射薬には主に「インスリン アスパルト」と「インスリン デグルテク」が存在しています。「インスリン デグルテク」は「持効型」のインスリンで、1回の注射で24時間効果が持続します。この特徴ような特徴があるため、「インスリンの基礎分泌」を補う目的で用います。
インスリンを使った治療では、「インスリン アスパルト」や「インスリン デグルテク」を使って、身体で正常時に起こっている生理的なインスリン分泌を再現します。そのため、インスリン療法では、1型糖尿病と2型糖尿病の両方に対して、「インスリン アスパルト」などの超速攻型の薬でインスリン分泌を追加し、「インスリン デグルテク」等の持効型の薬でインスリンの基礎分泌を補います。例外として、2型糖尿病ではインスリンの基礎分泌能が残っている場合もあり、このような場合は「超速攻型」の薬だけで血糖値を調整していきます。
このように、薬剤師は患者の病態に合わせて様々なインスリン製剤を選択・利用することが必要です。
また、糖尿病の人が風邪をひいた等の理由で食事を摂れなかった場合に、食事を摂らなかったのだから血糖値も上がらないと判断して薬を飲まないケースがあります。しかしこれは、個々の病状や生活習慣によって血糖値がどのように変化するかは異なるため、大変危険な行動です。そのため、薬剤師や医師はによって、体調不良等で食事が摂れなかった際の対応をあらかじめ指導しておく必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です