胃腸薬の機制

 ウコンドリンクと言えば、「二日酔いを防いでくれる」という実しやかなキャッチコピーが広まっていますが、そのプラシーボ効果もあってか、アルコールと共に購入されていることが多いようにおもいます。同様の買われ方をしているのが胃腸薬ですが、飲み会の前後に服用する人が後を絶ちません。胃腸薬は気軽に呑んでしまっても良い薬なのでしょうか。

 大人であれば皆経験することですが、アルコールを飲み過ぎると胃の不調、不快感が生じます。その時胃の中で起こっている現象は、胃酸過多です。飲み過ぎたり食べ過ぎたりすると、消化のために大量の胃酸が分泌されるわけです。この胃酸は酸性の液体ですから、量が多くなると粘膜まで溶かしてしまい、その結果として胃痛や腹部の不快感が発生します。

 胃腸薬はこの不快感を抑えるために開発された薬であり、胃酸の酸性を中和することで、粘膜を保護する働きがあるとされています。胃痛に苦しむ人が胃腸薬を服用した途端に楽になるのは当然であり、一度経験すると、飲み会のたびに使用してしまう恐れがあります。「恐れ」と書きましたが、胃腸薬も薬である以上は副作用を持っています。その副作用の危険性を知ることなく気軽に呑んでしまうのは、愚の骨頂です。まずは胃酸の働きが失われてしまえば、胃がどうなってしまうのかを学びましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です