ドラッグストアのコンビニ化

ドラッグストアはただ単に薬をたくさん置くというだけではなくて、日用品や雑貨なども含めてなるべく多くの品物をおくことで、マルチに販売をし続けることが一般的になってきたような気がします。しかし、日用品の売り場面積が増えた結果として、本来のビジネススタイルである医薬品の品揃えが疎かになってしまっているというケースもあるように感じます。結局のところ、医薬品を売ることだけではビジネスを安定させて運ぶことができないということの結果なのではないでしょうか?いずれにしても、多くのケースでもみられるように、全てのドラッグストアがそうなっているわけではなくて、儲けを優先するあまりに本業である医薬品の販売が疎かになってしまっているところが重要な点と言えるでしょう。ドラッグストアが便利になればなるほど、一般人の認識として「薬を販売できるコンビニ」となってしまう危険性をはらんでいるように思います。一方薬剤師の過労問題というのは、いまや社会問題になるほどに発展してしまっています。このような問題は薬剤師だけではなく多くの業種や業務形態でも存在している問題だということが周知されていることを考慮するならばなおさらのこと。もはや国をあげて対応しなければならない問題であるといえるでしょう?すべての薬剤師が安心して、高い集中力で調剤などを含む日々の業務に取り組むためには、決して労働環境を悪化させるようなことがあってはならないと考えられます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です