薬局の生き残り戦略について

薬局がどのように生き残るかは、誰も予想がつかないでしょう。その一方で、大手ドラッグストアは様々に工夫を凝らして、この困難な状況を乗り越えようとしている様子が伺えます。実際、大手ドラッグストアも危機感を感じているようで、最近では店舗を小型化して、より多くの店舗を都心などにおくりこみ、マーケティング戦略を練るというプロセスを試みているところもあるそうです。結果として、その土地にあった昔ながらの個人薬局が閉業してしまったというケースもありました。これは決して薬剤師を巡る業界だけに関わる問題ではなく、全ての業界でそのような事態が進んでいるのです。今や、薬剤師という資格を持っているからと安心できる状況ではなく、ひとりひとりの薬剤師が一体どのようにして今後を見据えればよいのかということを考えなくてはならない時代になりつつあるということは言えるでしょう。その手段として人的に有力なのが、プロモーションをどのように行うのかということが重要なのです。どのような年齢層に、どのように医薬品が効果的なのかということをしっかりと確かめる必要があるということです。全ての年齢層を対象にした医薬品販売では、なかなか集客をすることは難しいと言えるのではないでしょうか?例えば高齢者に医薬品を販売する場合は、当然高齢者にあった薬を販売しなければならないわけで、こどもや若者に薬を販売するのとは状況が違うということを理解しておく必要があるでしょう。今後は高齢者向けの様々なサービスが盛んになっていくでしょうし、より一層需要が高まることが期待されているわけです。